梅雨の隙間

ああやはり自分のことが嫌いだなと

自分の好きなもの、考え方、物言い、行動

それらが嫌いだな

誰と比べてるのかと考えるが

そういうことでもないように思う

いま梅雨の隙間の日暮れです

本当に過ごしやすい時で

雲にかかる夕日を眺めても、目がなかなか潰れなくて

ただ美しくて

歩いて、心地よい風が吹いて

僕の心が鳴き出すのです

いま、本当に健やかな気持ちで

死にたいと思うのです。

コメント