儚い

夜空の下に立ち

夜風を受ける

今この時は、これから先に起こる苦難や後悔とは関係がないのだ

春の夜はまだ肌寒い

今この時は、これまでの苦しみや後悔とは関係ないのだ

月など知らぬ

今この時は、これから先起こる幸いや喜びとは関係がないのだ

のどの渇きを忘れていた

今最愛の人がどうしていようとも、どこかでどうしようもない苦しみを抱えている人も、関係がないのだ

自販機に何か飲みたい気分のお茶はないのかと彷徨う

今のどの渇きなどないのだ。

私に安らぐことが許されるのかと揺らいで風拭く

そして

私は今、確かに儚く生きている。

誰とも関係なく、生きている

 

コメント