殺意の理由

別に最近というわけでもないのだけど、殺意がある。

それも不特定多数に。

自殺願望というのがある。自ら死にたい気持ちという。

これの原因が自分の中にあったり、他人にあったりするのだろうが、自殺しない場合。

だとか、自殺願望がなくなった場合。

その衝動が他者に向かうなと感じる。

生きている理由が自分にない場合、他者に求める。

しかし他者にも求める理由がない場合、他者を殺す気持ちが芽生えるような気がする。

それが、生きている理由になりえる。

他者を殺したいというのは一種の自殺願望の代替欲望になりえるのではないか。

とまあ、なんとなく無差別殺人をする人の気持ちがわかるような気がする。

絶望の行く先に自殺があるのはわかるだろう。

あなたには絶望の行く先に他殺があるのがわかっただろうか。

希望が自分にも他者にもなくなったとき。

コメント